TOEICの問題は持ち帰り厳禁ってご存知でした?

SHARE

TOEICの問題は持ち帰り厳禁ってご存知でした?

どうもこんにちはタイーチです。

今回は、TOEICの問題が持ち帰れない件についてまとめていきます。

せんせー、TOEICの試験が終わったら試験問題はもらえるの?

いや、もらえないんだよね。全員分必ず回収されちゃうんだよね。

えっ!じゃあ復習とかどうするの?

というわけで、TOEICの問題用紙が回収される件に関してまとめていきます。

持ち帰れるの?

先ほども書いてように、試験が終了次第問題用紙は回答用紙とともに回収されてしまいますので持ち帰ることができません。これは公式サイトにも書いてあるので後ほど確認してみてください。

なぜ持ち帰れないの?

持ち帰れない理由に関してもTOEIC側からは公開されていませんので、はっきりしたことはわかりませんが、一応噂というか通説として言われていることをまとめていきます。

公式問題集の売り上げダウン

TOEICは過去に出された問題は一般に公開していません。

TOEIC対策の問題集はかなり多くの種類が存在していますが、どれも類似した問題がまとめられているだけなんです。これはTOEICの問題を公開してしまうと過去問として販売されてしまうからです。

現在販売されている問題集はすべて過去問ではなく類似問題を集めた問題集です。TOEIC公式問題集も過去問ではなくあくまで類似問題です。

模擬試験と過去問であればどちらの方がTOEICの問題に近いかは歴然ですよね。もちろん過去問の方が、過去に実際に出題された問題なので欲しい人が多いはずです。

なので過去問をネット上で公開されてしまうと公式問題集の売り上げが下がりますよね。ネット上でタダで見れるのであればいちいち3000円弱もする問題集は買いませんからね。なので過去問となる実際の試験問題は流出しないように毎回必ず回収されることになっています。

試験内容のクオリティ

TOEICはアメリカ発信の英語検定であり、世界200カ国で使われている世界的に信頼されている試験です。

なのでこのクオリティを保つために、受験者の英語力を確実に測れるものでないといけません。そしてTOEICでは問題用紙への書き込みが禁止されているなど、テクニックでの正解を防ぐ施策がされています。

だからこそ少しでも過去問研究をされないように工夫をしており、その一環として問題用紙も回収されることになったんdしょうね。過去問対策をされるとある程度取りやすい問題が出てきてしまうので、毎回受験している人からしたらテクニックだけでも取れてしまう可能性もありますし。

TOEIC満点の凄さを保つために、受験者の英語力を保ちたいのではないでしょうか。

ちなみに少し前にTOEICに点数に関して不正が行われていたことが発覚し、その件が公になり英語圏のビザ申請にTOEICが使えなくなってしまったという出来事がありました。

問題用紙は一般人が受験前に手に入れることもできませんし、もちろん答えなんて知る手段すら思いつきませんが、よくよく考えれば団体で受けるTOEIC IPテストなどであれば企業や大学に事前に問題が保管されていてもおかしくありませんし、その時に英語が得意な人に見てもらえば先に答えを知ることは可能です。

この不正行為によりTOEICスコアの信頼性が揺らいだことは間違いありませんし、それによって今後も提携解除される団体が出てくるかもしれません。そうなればTOEIC側としても受験料売り上げからの利益損失につながるので、これまで以上に厳しいルールを設けて「しっかりやってます」というアピールをしているのだと思います。

TOEICを製作しているのは一民間企業なので経営上必要なことなのかもしれませんね。

問題用紙が回収されちゃう理由はわかったよ。

TOEICスコアがあれば「確かな英語力がある」って証明になるでしょ。だからこそみんな受験するわけでしょ。そこで不正があったってなったらその信頼が揺らいじゃうでしょ。

だから受験者の数を確保するために厳しくなったんじゃないかな〜って思うよ。

それはいいんだけど、じゃあTOEIC受けた後の復習はどうすればいいの?

復習したいんだが

問題用紙が回収されてしまう以上、受験したTOEICの問題の復習はできないです。

これはルール上仕方がないことなので、どうしようもないことですね。ネットをみればTOEICを受験した方々の話は見ることができるかもしれませんが、現物がないために確実な復習というのはできません。

ですのでTOEICの試験問題は復習することができません。ですので諦めるしかありません。

なので実際の試験問題は復習できませんが、模擬試験に関しては徹底的に復習をしてくださいね。英語の勉強に限らず、何かを勉強する時には必ず復習が必要になります。一度やっただけでは定着しないので、必ず最低3回は繰り返す復習作業が必要になります。

なので次の記事では模擬試験の復習方法について説明していきます。

まとめ

結局回収されちゃうから復習できないってことね。

そうなんだよね。不正してる奴らに文句を言ってくれ。というかそれ以前からTOEICの問題は持ち帰れなかったけどね。

まあしょうがないんだけどさ。やるからには復習したかったんだけどな〜・・・

意識高くて嬉しいよ。次の記事では模擬試験ではどのように復習すればいいのかをまとめていくから、そっちも参考にして欲しいです。