TOEICを高校生が受ける意味はあるのか?受験で使えるの?

SHARE

TOEICを高校生が受ける意味はあるのか?受験で使えるの?

どうもこんにちはタイーチです。

今回は、高校生がTOEICを受ける意味があるのかどうか調べていきます。

あかね
せんせー、あたしTOEICの勉強してたけど意味あるのかな?
タイーチ先生
いまさら?(笑)

海外で就職するために勉強してるんだよね?海外支店のある企業に就職するためにはTOEICの点数は必要になるよ。

あかね
なるほど。じゃあTOEICの点数が高いからって海外企業に受かりやすいわけではないんだね。。。
タイーチ先生
海外企業で働きたかったんだね。だったらガチな英語力がいるし、インターンもできる留学制度のある大学に入る事から始めたらいいんじゃない?

というわけで、高校生がTOEICを受験する意味について説明して行きます。

TOEICの意味

基本的にTOEICのスコアが高いと、世間的には「英語力がある」という認識をされます。

こうなると就活で有利だったり、後々転職で有利に働いてくることもあります。特に海外企業など(外資系)などではTOEIC800点以上が必要になっている所も多いです。特に楽天などは入社までにTOEIC800点以上が必要とされています。

ですので高校生にはまだ少し早いような気もしますが、それでもあかねのように将来海外で働きたいという気持ちがあるのであれば取っておいて絶対に損はしません。

英語圏で働くにはビジネス英会話が普通にできる必要もありますし、その練習にもなります。それに最近ではインターンシップ(企業でアルバイト)付きの留学も増えてきているので、これがある大学に入るためにTOEICスコアが必要になる場合もあります。

TOEICスコアは英検とは若干認識が違い、一般受験でどうこうというよりも推薦受験で使うことができるんです。

大学受験で使える?

全国751校でTOEICスコアを元に推薦受験ができたり、AO受験を受けることができる条件になっていたりします。しかもいわゆる難関校と呼ばれる大学がTOEICを採用しており、ないのとあるのでは大違いです。

現役当時、私は一般受験をしまして、AO受験や指定校推薦で受かった方々を悪く言ったこともあります。しかし今にして思うと、最小限の努力で入学できる最も効率の良い受験方式だと思います。

もちろん点数が高いからと言って確実に受かるわけではありませんが、それでも一般受験を受けるよりは遥かに簡単なはずです。ですのでぜひTOEICスコアを活用して入学しちゃってください。

TOEICのスコアが受験に使える大学はここから調べられるので一度確認してみてください。意外と難関校も多いですよ。

どれくらいのスコアが必要

TOEICのサイトを少し調べてみた結果、かなり多くの大学がTOEICを使えることがわかりました。

しかもそこそこの難関大学でも

首都大学東京 520点 出願要件(出願に必要)
青山学院大学 590点 出願要件
学習院大学  500点~出願要件・英語試験免除
国際基督教大 800点 出願要件
中央大学   550点 英語試験免除←NEW!

などなど、これらは一例ですがまだまだ使える大学はたくさんあります。特に英語試験免除はアツいですよね(笑)

TOEICを使うことで楽に大学受験が進められることもあるので個人的におすすめです。それに高校生ということで若干基準が低めになっています。TOEIC受験者の平均は570点程度なので、それを下回っている学校もたくさんありますので、自分の行きたい学校から探してみてください。

高校生がTOEICで600点以上取るためにすべき行動ベスト3

センター試験廃止後に使うかも

御存知の通り、現行のセンター試験は2020年を最後に終了し、その後はさらに凶悪な試験へと進化していきます。

2018年1月の段階でまだ何も決まっていませんので塾講師業界ではかなり反感が出ていますが、一応今の段階での噂ですが、センター試験のようなリーディングとリスニングに加えて、スピーキングとライティングも導入されるようです。

そしてこのスピーキングとライティングはマーク式では測ることができないため、他の外部試験を導入するかもらしいんですね。そしてその外部試験の中でTOEICが選ばれるかもしれないと言われています。

英検もこの選択肢の中にあるのですが、英検よりはTOEIC S&Wの方がガッツリ計測できるのではないかなあと思います。

ですのでTOEICの勉強をしておくと後々になってかなり有利になるのではないかなあと推測しています。ぜひTOEICの勉強をしてみて下さい。

英検との比較

とはいえ、英検のほうがメジャーなのもわかっています。

英検とTOEICを両方受験する必要はなく、どちらか1つだけ持っていれば問題はありません。なので英検とTOEICと、どちらかやりやすい方を受験することをおすすめします。

この比較は難しいのですが、いわゆるTOEICはリーディングとリスニングなのですが、スピーキングとライティングテストも存在します。大学によっては前者だけ、後者だけ、中には両方ともスコアが必要という大学もあります。

なので大学の求めるスコアにっては英検のほうが簡単な場合があります。

英検準2級は中3でも取れるレベルなのでTOEICに換算すると300点位、2級は高1で取るべきものなので450点位、準1級があれば700点程度です。

大体の方は英検をナメていますが、実際には2級と準1級の間にはこれくらいの差があります。準1級マジでむずいですよ(笑)私も予習をしないといけないレベルです。

なのでどちらも難しいので、大学によってTOEICか英検かを決めてください。

高1でも高校文法マスターは余裕

ちなみにTOEICを受けるのであれば、まずは単語と文法の暗記から始める必要があります。単語はかなり難しいので専用の単語帳を使ってほしいんですが、文法に関しては高校終了レベル以上が必要になります。

こう書くと「スゴイ難しいテストなんだな・・・」と思われがちですが、たしかに難しいですがそこまででもありません。高校文法が難しいなんてことはありません。ただやっていないだけです。

実際にはできるのに高校があまりにもゆったりとした進度で進むため、また特に点が悪くても怒られないために本気で文法の勉強をしていないから「文法できないんだよね」という方が現れます。

「1ヶ月で文法極めないと殺される」という制限があれば確実に覚えられるはずです。

ただ理解と暗記が難しいだけですので、1ヶ月本気やればすぐにできます。事実私の担当している中3の女の子は既にTOEICで680点まで達しています。主にリーディングで稼いでいるのですが、そのへんの高校生よりもはるかにできるようになりました。

この子はとにかく先へ先へと進んでおり、その結果高校文法まではマスターしたので、あと3年は過去問対策ができたり、TOEICやら英検などの外部試験対策ができるようになりました。

ですのでTOEICのために高校文法を勉強することで、その他の受験対策にもなりますので、どんどん先へ進んでいってください。関係副詞も仮定法も分詞構文も簡単です。

独りでできなければ

とはいえ、FORESTを見てわかるようならみんな英語マスターですよね。

ですのである程度最初は難しいものだと思います。もしこれがどうしてもわからないのであれば誰かに習ったほうが早いですよね。

野球少年が毎日1人で素振りをしていても伸びていくとは思いますが、イチローが毎日アドバイスをしている野球少年がいたとします。どちらの少年が早く上達すると思いますか?

圧倒的に後者ですよね。その道のプロから教えてもらったほうが成長が早いです。ですのでもし文法が苦手だとしたら1人で悩むよりもその道のプロから習ってください。

現在スタディサプリという英語アプリがあるのですが、現在キャンペーン中として1週間無料体験があるので、この講義を聞いてTOEIC対策を行ってみてください。

ちなみに

もし学生時代に英語が苦手だった方で、参考書を見ても分かる気がしない方にはスタディサプリTOEICがおすすめです。スタディサプリは大学受験用のイメージがあるかもしれませんが、実はTOEIC対策用のバージョンもあるんです。

講師はTOEIC満点の関正生先生で、かなりわかりやすいです。これまでの英語の教え方がいかに劣悪だったのかを知らしめてくれるほどのわかりやすさです。

ちなみにスタディサプリには大学受験版ではなくTOEIC対策版もありますが、文法がわからないのであれば大学受験版をおすすめします。TOEIC版は既に文法をマスターしている人向けなので最初から見てもわからないと思いますので、まずは大学受験版。

そしてそっちで極めたらTOEIC版にグレードアップすることをおすすめします。

まとめ

あかね
せんせーありがとう!目標失いかけてたけどそんなことなかったんだね。
タイーチ先生
そうだよ。TOEICで大学受験もできるし、受験して受かった学校から留学に行くこともできるんだし、そこで英語学習していけばいいじゃない。
あかね
そうする!まずは受験で受かって、その後海外行ってくるね!そしてインターンして・・・楽しみになってきたよ!
タイーチ先生
若いっていいね(笑)僕も急いで海外移住計画をすすめるよ!