英作文がある私立大学を塾講師がまとめる【Gマーチ・早慶】

SHARE

英作文がある私立大学を塾講師がまとめる【Gマーチ・早慶】

どうもこんにちはタイーチです。

今回は、英作文が出題される大学をまとめていきます。

あかね
せんせー、英作文が嫌すぎて泣きそうなんだが・・・
タイーチ先生
かわいそうに。。。泣かなくていいんだよ。そんなに難しくないからさ!
あかね
確かに前の記事で英作文の必勝法はわかったんだけども、あたしにはまだまだ単語と文法が足りないの。だからできないの・・・
タイーチ先生
出来ない原因がわかっているんならそこをやるだけだね!英作文が出来ないからって志望大学を変えるなんてことはしないでよ?

というわけで、英作文が出題される大学をまとめていきます。

英作文の種類

まず前提として知っておいてほしいのが、英作文には大きく分けて2つの種類があるということです。

和文英訳パターン自由英作文パターンです。

和文英訳は、特定の日本語が準備されていて、その文を英語に変えなさいという出題パターンです。この場合には自分の意見を書く必要が無いので楽ですが、その代わりに表現や単語を知らないと出来ないという欠点もあります。

一方自由英作文というのは、特定のお題が出されて、その質問に対しての自分の意見を長々とかかされるタイプの問題です。100語程度のある程度長めの文章になることと、文法以外に論理的な構造を覚える必要もあるので、慣れていないと爆死するタイプの英作文です。

しかし英作文であることには変わりはなく、どちらも対策方法はあります。対策については以前の記事でまとめているのでこちらをご覧ください。(自由英作文の書き方を問題例文とともに塾講師が紹介する

それではそれぞれのパターンがどの大学で出題されるのか、まとめていきます。

和文英訳

工学院大学

工学院大学の英作文は、短めの日本文が用意されており、その1つの文章を英訳するだけというなかなか楽な問題形式です。それに多くの英作文は和文を言い換える必要があるのですが(例えば「難解」を「理解するのが難しい」など)、工学院の和文は参考書に載っているものがそのまま出ているので、言い換える必要がありません。

なので普通に勉強をしていればできるはずの問題です。「~するために」という和文を見て、”in order to”が思いつけば問題なく解けるレベルだと思います。

明治大学国際日本学部

明治大学の中でも最も入りやすい学部と言われている国際日本学部。この学部にも実は英作文が出題されています。

形式としては、長文問題の文中が一部和文になっていて、その文章を英訳するタイプです。日本語の文字数は100字弱程度なので、そこそこ長いのかな?という印象を受けました。

しかしレベルとしては工学院に毛が生えたようなレベルであり、明治大を受ける受験生なら必ず知っているはずの単語レベルと文法レベルです。しっかりとSVOCの構造を考えながら書いていけば、確実に満点が狙えるレベルだと思います。

自由英作文

明治学院大学

マーチのちょっと下、というイメージであり、なおかつ3年からは白金キャンパスということで人気の明治学院大学です。

この学校の英語はそこまで難関というわけではないんですが、なんとなく私は解きにくい問題が多いように感じます。特に最後の英作文は150語を要求されて、なかなかの長文を書かないといけないので、正直めんどくさいです。

自由英作文のテーマとしては、一般的な現代文のテーマとしてあげられるようなものが多いような気がします。環境問題、経済問題、テレビやスマホなどの電子機器の影響についてどう思いますか?的な問題が多いように思います。

 

なのでお題はそこまで変なものはこないので、普通に答え方を意識して、文法ミスをしなければ問題ないと思います。自由英作文の練習として最適な学校だと思います。

ちなみにですが、明治学院は英検を持っているとかなり優遇されます。どれくらい優遇されるのかこちらの記事もご覧ください。(英検とか受ける意味なくね?と思う方にメリットを紹介していく

青山大学 文学部

1問目の超長文でやる気をそがれてしまうことで有名な青山文学部ですが、実際に取り組んでみるとセンター試験と大差ないレベルの長文であることに気づきます。リスニングもないので実はかなり穴場な学部なんです。

そしてこの学部に和文英訳と自由英作文の両方がありますので、どちらもできなければいけません。

和文英訳もそこそこめんどくさいものが多く、和文を直訳するのではなく、多少言い換えてから英訳する必要があります。例えば「是正する必要がある」→「改善する必要がある」など、多少の日本語力も必要になります。

 

またイメージですが、仮定法を使わせようとする意志が感じ取れるほど、仮定法を使わないといけない問題が多い気がします。細かい語順でミスを起こさせようとしているのかもしれません。

そして自由英作文に関して、これに関しては明治学院大よりも簡単です。文字数も50語程度なので短すぎて書ききれないこともあります。ただ若干お題がめんどくさく、よくあるお題ではなくて「チャリに乗る際にヘルメットは必要だと思いますか?」的なものが多いです。

ですのでどんなテーマが出題されるかわからないので、とにかく文法を間違えないように気をつけてください。

慶応大学 経済学部

慶応経済ではかなり特徴的な自由英作文が出題されます。

まず問題形式として、長文3問と和文英訳1題と自由英作文1題という構成です。個人的には長文問題よりも英作文のほうが難しい用に思いますが、その理由を説明します。

まずは和文英訳に関して、2人の人物が日常的ななんでもない話をしているんですが、だからこその難しさがあります。ごくありふれた文章なんですが、書こうとすると意外と手が進まないような文章が出題されます。

「でも、テストが終わったら思いっきり練習するから、今は我慢するよ」

なんて意外と書けなくないですか?さすがは慶応ですねと思いますが、これはやはり言い換える必要があり、そのまま英語にすることは恐らく不可能なので、どのように言い換えればいいのか気づけるかどうかが鍵になる問題です。

 

そして自由英作文に関して、これがエゲツない最大の理由として、最初の長文の内容に関して意見を聞かれるところですね。例えば第一問の長文で『同性婚』の話、第二問の長文で『強制投票の是非』の話をしているとして、自由英作文ではこれらのいずれかについての意見をかかされます。

  • 同性婚は認められるべきでしょうか?
  • 強制投票はすべきでしょうか?

という2つの問題が用意されており、そこから好きな方を選び意見を書いていくという鬼畜なレベル。さらに賛成するにしても反対にしても、文中に出てきた例を挙げながら書いていかないといけないので、長文も読めないといけないです。

ですのでさすがは慶応といったところですが、個人的には慶応の中ではまだやりやすい方なのかな~と考えています。もちろん長文も英作文も難しいんですが、それでも慣れてくるとやりやすさを覚えてしまった自分がいます(笑)

ですのでまずは過去問を解いてみて、どんな感じなのかを体感してみてください。ちなみに慶應経済の英語対策方法はこちらでまとめています。(慶應経済学部 英語対策を書いていく 英作文のコツを塾講師がまとめる

練習方法

英作文が上手くなる方法をよく聞かれますが、答えにいつも困ります。

というのも人によって足りないものが全く違うんです。単語力が足りない人もいるし、文法力が不足している人もいるし、言い換えが出来ない人もいるので、人によって勉強方法が違うんですよね。

そしておそらく何が自分に足りないのか、これは自分では気づけない場合が多いです。なので全員に共通して言えることはまずたくさん書くこと、そして他人に添削してもらうことだと思います。

こうすることによって自分では気づけなかった弱点に気付けることもありますし、それによって新しい視点が出てきます。ですので添削の必要性に気づけただけでこの記事を読んでもらった意味があったと自分では思っています(笑)

そしてもし添削してくれる人が周りにいないとしたら、そんな時はこっちの記事を見てくださいね。ネットで英作文の添削をしてくれるサービスもあります。

まとめ

あかね
英作文出してくる学校って意外と少ないんだね!
タイーチ先生
いや、これは僕がやったことのある大学だけだから実際にはまだまだあると思うよ。国立なんてほとんどが和文英訳があるよなイメージだし(笑)
あかね
なるほどねwww

じゃあとにかく書きまくって、添削してもらいまくるのが必要ってことね・・・w

タイーチ先生
そうだね!添削はかなり重要だから、この記事も見てほしいっす!