やっておきたい300 レベル別に並べ替えたので正しい順番を見ていってくれ

SHARE

やっておきたい300 レベル別に並べ替えたので正しい順番を見ていってくれ

どうもこんにちはタイーチです。

以前の記事でも書きましたが、やっておきたい300に掲載されている順番に解いてはいけないと説明したよね。今回は俺が思う正しい順番を説明していきます。

 

そもそも掲載されている順番にやってはいけない理由として、簡単なものから順番に載っているわけではないからということがあったよね。

だから①から順にやっていくと途中でいきなり難しくなったり、次の長文はそこまで難しくなかったり、結構レベルが右往左往しているから普通に取り組むことはおすすめできないです。

ここでは俺が実際にやってみた結果として、レベル別に並べ替えたのでその順番を記載していきます。

300をレベル別

 

まずは、やっておきたい300に掲載されている長文を3つのレベルに分けてみました。

  • レベル1 基礎文法が多く、日本語訳もそこまで難しくない基礎レベル
  • レベル2 多少文法が難しく、意訳がそこそこ必要になるレベル
  • レベル3 省略や言い換えが多すぎて、初見ではなかなか解けないレベル

に分けてみましたよ。

 

ちなみにほとんどがレベル1に属しているので「結構平凡なレベルだな~」と思って進めていると、突然レベル3が現れたりするので注意が必要。

というのも、少しずつ自信がついてきている途中でできなくなるとモチベーションが下がるじゃないですか。だから難易度順に並べ替えたので、以下の順番で解いてみることをおすすめします。

やっておきたい300個人的におすすめ順

 

レベル1 基礎文法が多く、日本語訳もそこまで難しくない基礎レベル

 

3 対比の考え方
7 派生語
8 thatの区分
11 +-の考え方
10 関係師の省略
12 so that構文
13 +-の考え方
14 the 比較級の構文
16 コロンの使い方
17 副詞の挿入
19 no matter、副詞の挿入
20 +-の考え方
21 内容一致がある文章の読み方
22 分詞、itの用法
23 和訳
24 対比
26 +-の考え方
29 語彙推測
30 逆算

レベル2 多少文法が難しく、意訳がそこそこ必要になるレベル

 

1 doの用法、関係詞
2 +-の考え方(長めの文章です)
6 分詞構文、言い換え
9 仮定法、SVOCの不完全文
15 関係詞
18 副詞の挿入、和訳の順番
27 語彙推測、andの使い方
28 定義付け(現代文よりの読み方が必要)

レベル3 省略や言い換えが多すぎて、初見ではなかなか解けないレベル

 

5 Readingとは何か 出典:徳島大学

そこそこ多くの構文が使われているので、すべてを知ってる必要がある。知らなくても正解自体は可能だけども、かなり読みづらい文章となることは間違いない。

また現代文と同じように、文中で使われているキーワードの定義を考えていかないといけないので、現代文の読み方ができないとややきついかもしれません。

 

25 ウチとソト 出典:日本女子大

 

222wordsとかなり短めの文章ではあるけれども、内容が難しい系の文章。

SVOCの区分がかなり難しく、動詞がどこにあるのか、どこまでがSなのかを常に意識してとかないと構文がわけわからなくなるので、意識し続けることが必要。

その上で、何を言っているのかを理解できるように、テーマが何なのか、ウチとはソトとは・・・と考えていくことが必要です。

 

4 脳の大きさ 出典:法政大学

 

やっておきたい300内で唯一マーチからの出典の長文。

さすがマーチということで、他の長文とはわけが違い、分詞構文が多くかなり読みづらい文章が続く。接続詞節と主節の関係などを完璧に理解していないとできない問題もあり、付け焼き刃では歯が立たない問題が続きます。

さらに省略が多かったりと泣きっ面に蜂状態なので、どれだけ時間がかかってもいいのでとにかく復習しておいてほしいです。

まとめ

 

このリストはだいぶ前から作ろうと思っていたので、それがようやく形にできて個人的には満足しています(笑)

人間やろうと思ってもなかなか行動できないものなので、自分の中でもそのからを破れたような気がしたので、少し成長できたと思います(笑)

 

とにかく、やっておきたいシリーズは掲載されている順番にやらないで、上記の順番でやってもらうと段階的にレベルが上がっていくように感じると思う。

普通にやると途中で諦めが来てしまうので、だったらこの順番でやってみてほしいでっす!

 

やっておきたい500も順番があるので、そっちも作っていきますが、これから300を始める人はまずは復習の方法を読んでいってほしいので、下の記事も同時に読んでいってほしいです。